100を切るプロジェクト

連続素振りでウォーミングアップ&5つのスイングの流れをつかもう!

画像を見ていただけば分かると思いますが
8-4を4時方向に降り出して連続素振りをすると円の底辺の軌道が見えます。また、その軌道上に9-3の軌道も見えてきます

この素振りで8-4.9-3.L字.コの字、フルスイングまで流れを掴みながら連続素振りでウォーミングアップをしていただきたいのです。

また、実際に打つ時はアドレスからイメージで4時方向に降り出し、8-4.9-3を軌道上で捉えるイメージで打てるようにしましょう

Filed under: 未分類 — tag2bee 2:48 PM

100を切るプロジェクト

EC2C6F23-73F6-4E3E-B78E-27909D54CCF7

Filed under: 未分類 — tag2bee 2:47 PM

記録更新中です

ザバスゴルフスクール鶴見の会員の皆様

こんにちは、新原です

またまた

記録更新です♬

今回も素振りですが記録伸ばしました!

前回から+0.9m/sです

素振りだけを30分やり

汗をかきました

以前より

トレーニングをしていると書きましたが

現在進行のトレーニングです

バーベルスクワット MAX 140kg

ベンチプレス MAX 67.5kg

できるようになっております

ちなみに

私のパーソナルトレーニングを

継続して受けてくださっている

60歳代 男性 ですが

バーベルスクワットを始めてから

※他にもやっております※

飛躍的にヘッドスピードが上がり

飛距離も200ydを示すようになりました

人間の可能性は無限大ですね

次は54m/s出します

Filed under: パーソナルトレーニング — tag2bee 7:09 PM

ナイスショットと言われたら

ザバススポーツクラブ鶴見店
ゴルフスクールの皆様こんばんは。
土曜日レッスン担当の成井です。

今回はエチケットマナーの続きからです。

私の投稿の3回目のブログで

ルールブックの第1章
エチケットに記されている
内容は大きく3つに分けられると書きましたが覚えていらっしゃいますか?
以下の3つでしたね。

①安全確認
②他の人に迷惑をかけない
③コースの保護

前回までで安全確認についてお話しいたしました。

今回は②の他の人に迷惑をかけないからいきます。

◎ 他のプレーヤーに対する心くばり

皆さんはラウンド中に心くばりしてますか?

心くばりしてますかと言われて
心くばりしてません
なんて答える人はいないですよね。

皆さんしていると思っているはずです。
できていない方は心くばりするべきことを
知らないだけです。

ただ知らないから
心くばりしなくても良い
というわけにはいきませんので
覚えていきましょう。

ゴルフというスポーツは
そのプレーヤーが最高のプレーをすることができるように気くばりをしなければなりません。

相手を攻撃して
自分が勝つという種類のスポーツではなく、

相手が良いショットをしたら
ナイスショットと声を掛けたり
ミスショットをしたら
ドンマイと励ましてあげたりして

お互い最高のプレーができるように
心くばりをし、互いを尊重しながら
プレーするスポーツです。

私はこんな素晴らしいスポーツと出会えたことに幸せを感じてます。

もちろん格闘技やボールを取り合うスポーツにもそれぞれ良さがありますし
私自身も好きであることも付け加えておきます。

ここでナイスショットという言葉が出てきたのでナイスショットの掛け声についての
お話しをします。

先回のブログで ナイスショットという掛け声は
あまり大きな声で叫ばない
というお話はしました。

ではナイスショットと言われた時
あなたはどうしてますか?
いかがでしょうか?

最も良い対応は ありがとうござますと
素直にこたえることです。

ナイスショットと言われた時、
本当は満足していない事や
ご自身の中ではミスショットの時も
あるかもしれません。

そんな時ナイスショットの声に対して
何も答えず無視する人もいれば、
今のはナイスショットではない
と否定する人もいます。

ですがせっかく
ナイスショットと声を掛けてくれたのですから
良いショットではないと思っても
素直にありがとうござます
とこたえるべきです。

私のナイスショットはこんなものではないと思うのでしたら
つぎはもっと良いショットして
声をかけて貰えば良いのです。

ナイスショットと言ってくれた人の気持ちになれば
無視されてしまったので
次に良いショットをしても
声を掛けるのはやめようと思うかもしれません。

意外と多いのですよ、
ナイスショットと言われて
ありがとうござますとしっかり言えない方が

満足いかないショットでも
ナイスショットと声を掛けてくれたことに対してありがとうございますと言いましょう。

言ってくれた人からすると
素晴らしいショットだと思って
声を掛けてくれたのですから。

本当に満足のいく素晴らしいショットを放ったのにシーンとしていたら寂しいですよね。

長くなりましたので
今回はここまでとします。

次回は何に対して心くばりをすべきか?
具体的な内容をルールブックに沿って
1項目ずつ解説していきます。

ゴルフ場当てクイズ
ここのコースはどこでしょう?


ヒント横山プロが良く知っているコースで
私も大変お世話になったコースです。

中学時代の陸上部の仲間と
毎年、夏と年末、年に2回
ゴルフをしています。
去年の年末はここでしました。

ゴルフを通じて昔の仲間と過ごす
これもゴルフの楽しさの1つです。

Filed under: エンジョイゴルフ — tag2bee 8:50 PM

アコースティックギター

ザバススポーツクラブ鶴見 会員の皆様

いつもご利用ありがとうございます。

木曜レッスン担当 横山です。少し遅い挨拶となりましたが

今年もよろしくお願いいたします。

 

今年最初のブログは、私事ではじめさせていただきたいと思います。

皆様は2018年に何か新しい目標や試みを始めた方はいらっしゃいますか?

私は、以前から欲しかったアコースティックギターを昨年末に新宿の山野楽器まで行って買ってきました。(下の写真がそのギターです。)

ギターを弾いてみたいと思ったきっかけは、あるギタリストさんの演奏を目の前で聞いて感動したからです。

彼の演奏はギターをパーカッションのように叩き、リズムを繰り出しながら同時にコードとメロディーを奏でるスタイルの特殊な演奏方法で聞く人を魅了します。

ゴルフを始めたきっかけのことを思い出すと、やはりトーナメントでプロのショットを目の前で見て、その素晴らしさと自然を相手とするスポーツの醍醐味に感動したことでした。

何かを始めるときは、感動したり楽しいと感じたりしたからで、皆様がゴルフをはじめられたきっかけも同じだと思います。

ですので、上達することを急がずに、楽しむことを忘れないように目標にむけて取り組んでみてくださいね。

ギター初心者の私は、週一回の休みを利用して基本から学び、まず簡単な曲が弾けることを目標に、その過程を楽しみながら2018年を過ごしたいと思います。

ゴルフでいえば、正しいグリップとアドレスといったところでしょうか。その後は8-4スイング、9-3スイング、L字スイング、コの字スイング、フルスイング。

そう考えると先は長く、いつ目標の曲が弾けるようになるのやら・・・・。

Filed under: 挨拶 — tag2bee 7:16 PM

新記録出ました!

ザバスゴルフスクール鶴見の会員の皆様

こんにちは新原です

タイトルにもあるように

新記録出しました!

※今回は素振りなので距離はなし

前回から +1.6m/s

(前回 51.1m/s)

素振りで、マン振りは身体にダメージが

背中に違和感です

筋肉ですね

トレーニング継続中

スイングはとにかく振る!

MAXが上がれば平均も上がります

次は53m/sだします!

Filed under: パーソナルトレーニング — tag2bee 7:29 PM

明けましておめでとうございます。

ザバススポーツクラブ鶴見店
ゴルフスクールの皆様こんばんは。
土曜日レッスン担当の成井です。

明けましておめでとうございます。
本年もよろしくお願い致します。

今年1回目ということで
エチケットマナーのお話はお休みにして
普段のレッスンで常々感じていることを
書かせていただきます。

以前の新原プロのブログに
ゴルフはダンスに似た動きとの記事がありましたが覚えていますか?

皆さんは上手に踊れているでしょうか?

私は多くの方は
上体に力が入りすぎているように思います。

力が入ると形をキレイに決めても
パートナーの手を必要以上に
強く握りしめたり、
足を踏んでしまったりして
うまく踊れません。

上手に踊るには、
正しい動きを身につけるのは
もちろん必要ですが、
パートナーや音楽に合わせて

無駄な力を入れず、
リズムよくしなやかな動きがあってこそ
美しさを感じるのだと思います。

ゴルフも同じで
パートナー(ゴルフクラブ)の手(グリップ)を
強く握りしめたり、
肩に力を入れてボールに当てにいくと
パートナーは嫌がり
しっかり動けなくなります。

もう少し腕の力を抜いて
上体をリラックスさせ
リズム良くダンスを踊るように
スイングしていけると
ゴルフクラブはしっかり動き、
スイングに美しさとスピードが出ます。

新しい形を覚えて取り入れると
慣れていないので
どうしても余計な力が入りますが
その動きに慣れてきたら力の抜き具合も
意識しながらやってみてください。

今のスイングに
美しさとスピードがプラスされることでしょう。

今年のレッスンは力まずリラックスを心掛けて
美しいスイングを目指してみてはいかがでしょうか。

 

次週からはまた

エチケットマナーのお話の続きからとなります。
よろしくお願い致します。

 

東名富士カントリークラブの近くの誓いの丘というところからの写真と
ゴルフ場駐車場からの写真です。
絶景ですよね。

Filed under: エンジョイゴルフ — tag2bee 10:43 PM

謹賀新年

ザバスゴルフスクール鶴見の会員の皆様

明けましておめでとうございます

新原です

新年いかがお過ごしでしょうか

私は新年そうそうに

クラブのグリップ交換をしました

よーく見ると

グリップの両面テープに

私のクラブへのメッセージが書いてあります

自分で交換をしているのでできることです

それでは

2018年のゴルフスクールは

1/5(金)の私からです

お時間がある方は

是非ゴルフスクールにいらしてください

本年も宜しくお願い申し上げます!

Filed under: 挨拶 — tag2bee 2:49 PM

100を切るプロジェクト2018

Filed under: 未分類 — tag2bee 5:06 PM

ルール改定について

ザバススポーツクラブ鶴見 会員の皆様

いつもご利用ありがとうございます。

木曜日レッスン担当の 横 山  です。

皆様いつもブログを見ていただきありがとうございます。

今回で、私のブログは年内最終となりますが、今回はオリンピック年度ごとに改定されるルールについて少しお話いたしたいと思います。

【2019年からのルール改定について】

すでに知っている人もいると思いますが、ゴルフのルールが2019年1月1日から大幅に改定される予定です。

ルール改定は五輪開催の年に、ロイヤル・アンド・エンシェント・クラブ(R&A)と全米ゴルフ協会(USGA)の連名で通達されます。

今回は今までにない試みで、早い段階から世界中のゴルファーに向けてルールの改定に向けた提案をして、6ヶ月の間にインターネットを通じてフィードバックを受けた上で、18年の半ばに決定する方法をとりました。

今年8月末で締め切ったゴルファーからの反応が気になりますが、ルールの簡素化によるプレー時間の短縮と、わかりやすいルールでゴルフが身近なスポーツになり、競技人口増加につながることが期待されます。

今回の改定は、それがR&AとUSGAの狙いのようです。

 

今回の改定のポイントは、

①ルール簡素化によるプレー時間の短縮

②「ゴルフルールは複雑すぎてわかりずらい」との声に応えることで、ゴルフ人口減少に歯止めをかけること

にあるようです。みなさんにも大いに関係してくるルール改定には以下のようなものがあります。

 

<バンカーなどハザード内での規則が簡素化される>

ハザード内(バンカーなど)のルースインペデイメント(葉や枝、小石など)を取り除くことはできませんが、改定では罰がなくなります。その際、手やクラブが砂に触れても大丈夫です。ただし、アドレスしたときに触れた場合は今までのルール通りに罰になります。

 

<パッティンググリーンの規則の緩和>

改定ではグリーン上でパッティングした時に、ボールがピンに当たっても罰はなくなるので、ピンを立てたままでもOKなのでプレー時間の短縮ができます。現在は、ピンを立てたままグリーン上でパティングをして、ボールがピンに当たった場合は2罰打になります。このため、カップの位置が確認しづらいときは誰かにピンを持ってもらい、途中で抜いてもらう必要があり時間がかかります。 

また、パッティンググリーン上のスパイクマークやシューズによる傷、動物による傷やその他の傷を修復することができます。

 

<バンカー内での「アンプレアブル」の処置が変更>

バンカーに入ったボールが「目玉」になったり、ショットができなかったりボールが出る状況ではなかったりしたときは、「アンプレアブル」を宣言し、1打を加えてバンカー内のしかるべきところにドロップしますが、それでも難しいことがあります。

今回の改定では、付加が「2罰打」になりますが、ピンとボールを結んだ延長線上であれば、バンカー外にドロップできるようにもなります。

 

<ボールが動いたときの罰が軽減される>

「明らかに故意に動かした」場合以外は違反ではなくなることになります。

昨年7月に2016年の全米オープン覇者、ダスティン・ジョンソン(米国)への「1罰打」事件、覚えていますか?

ジョンソンは最終ラウンド5番ホールのグリーン上で、パーパットを打つ直前にボールが動いたと申告しましたが、自身は動かしたわけではないと主張し、競技委員もそのままプレーを続行させましたが、競技を進める間に別の競技委員が映像を確認し、同選手の動作がボールの転がりに影響した可能性を指摘し、12番ホールに入る直前にジョンソン自身に通達、ホールアウト後に1罰打となりました。

最終的には、ジョンソンは2位に3打差をつけて優勝しましたが、後味の悪い大会になりました。その事件後、今年1月からは同様のケースでは無罰となっていますが、今回の改定ではラフや林の中などでボールを探しているときに「誤って」ボールを動かしても罰はなくなります。

 

<ドロップの方法が大きく変わる>

現在のドロップ方法は、肩の高さからボールを落としますが、バンカー内でドロップした場合はボールが砂にめり込んだり、ラフでドロップしたら芝の中に沈んでしまうことがあります。改定では「落とす」方法であれば、長さ(高さ)は問われなくなります。つまり、プレース(置く)しなければほとんど自由なやり方でのドロップができるということです。

このほかにも、救済を受ける場合、現在は「長さ」が基本になっていますが、新しいルールでは20インチ(約50センチ)、80インチ(約2メートル)を基準とした「エリア」にするなどの内容もあるようです。

また、打順に関しても前のホールのスコアにこだわらず準備のできた人から打つことを推奨し、ボールを探す時間が5分から3分に短縮されるなど、明らかにプレー時間を短くする目的の改定案も盛り込まれています。

以上ですが、皆様

このルール改定は2019年から

ですのでくれぐれもお違いのないようにしてくださいね。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

最後まで読んでいただきありがとうございます。今後も皆様のお役に立つようなブログ作りをしたいと思っておりますので、どうぞ来年もよろしくお願いいたします。

皆様、良いお年をお迎えください。

 

 

Filed under: ゴルフ知識 — tag2bee 10:49 AM