スイングのNG集➀-2 スエーについて

ザバススポーツクラブ鶴見 会員の皆様、

いつもご利用ありがとうございます。

前回はスエー動作について説明いたしました。今回は、スエー動作をしないための解説をしたいと思います。

<バックスイング時の下半身の動きについて>

前回でスエー動作は、右脚に体重を乗せる動きや股関節に体重を乗せる動きが原因で起きるとお話いたしました。簡単に言いますと、上半身の回転の勢いに負けて右サイドに膝や腰が流れてしまう動きです。

なぜこのようなスエー動作がいけないかというと、スエーしたトップオブスイングの体勢から体を回転させると、一旦腰の位置を左に戻してから腰を回すか、その場で右脚重心のまま回転してしまうしかありません。

腰の位置を一旦移動させてからの動きの場合、腰の回転は十分に行えずフォロースルー回転が不足してしまいます。

また、その場の右脚の上で回転してしまうと体全体が右側に残り、これも同じくフォロースルーで左脚の力がうまく使えず飛距離の出ないショットになります。

それでは、このスエー動作を防いで正しい動きをするには、どうすればよいのでしょうか?

〇右脚大腿部(太もも)のネジレを作る

バックスイングでは、腰は右脚大腿部(太もも)外側の筋肉で右方向に回転するのですが、この回転と同時に右脚大腿部(太もも)の内側の筋肉で右ヒザがアドレスの位置よりも右に流れないように踏ん張ります。この動きが右脚大腿部(太もも)にネジレを作ります。

このネジレが出来た時の感覚は、右脚大腿部(太もも)の内側の筋肉を意識して、右ヒザが外を向かないように頑張りながら腰を回していく感じです。

この時の右ヒザの動きは、バックスイング時の内側の一点が軸になり、両ヒザの間隔を変えないように左ヒザが円運動します。その動きでトップオブスイングで左ヒザはアドレスの位置よりも若干右斜め(体の内側方向)前に動きます。右ヒザの内側の位置は変わりませんが右ヒザ頭が僅かに右に動くのです。

また、アドレス時に作られた右ヒザの角度はわずかに変わります。つまり右ヒザはバックスイング時にわずかに伸びるのです。

バックスイングで右ヒザが伸びてはいけないと思っている方が多くいますが、それは間違いです。(下画像は右ヒザの角度を変えずに、右脚に体重を乗せたトップオブスイングです。)

まったく伸びないのは右のお尻は左かかと内側に向かって動けないのです。(バックスイングの右腰の回転量が少なくなる)

もちろん、完全に伸ばし切ってしまうヒザ頭は完全に外を向いてしまい、体がスエーしやすくなってしまいます。(下画像

体の正しい動きは左右の移動(重心移動)を上半身が担当し、下半身はその場回転を行います。そのためにも正しい右脚の動きを覚えましょう。

正しい右脚大腿部(太もも)のネジレがトップオブスイングで出来た状態を感覚的にいうと、右脚大腿部(太もも)外側の筋肉から右のお尻にかけての筋肉が、きつくつぱっている感覚です。

このネジレは、正しい体の動きができる同時にネジレを戻すことでダウンスイングの体の回転が速くなりヘッドスピードを上げることにつながります。

Filed under: ゴルフ知識 — tag2bee 10:00 PM